「ワキガ手術の前に」

「ワキガ手術の前に」改めてよく考えてみましょう

 

手術の前の診断は非常に大事です。

 

「プロローグ・あなたは本当にワキガですか?」にあるように、あなたはワキガでない可能性もありますし、手術など必要としない軽度なケースもあります。

 

 

信頼のできる医師に相談することです。
例えば、ワキガ治療の権威である五味クリニック院長の五味博士のような。

 

 

 

あなたのニオイは体臭の治療に従事した医師であるなら一見でわかりますよ。
また、信頼のできる医師ならば、あなたが本当にニオイがあるのか、あるならどのようなニオイなのかをあなたにきちんと「説明」してくれるはずです。

 

 

⇒2016今新しいワキガ消臭★クリアネオ★

 

 

 

そうでなく、安直に手術を進めるような医院ならば注意してください。
そこで手術をしてはいけません。

 

 

 

 

仮に手術の段取りにいたり、あなたが躊躇するようなら「試験切開」をおすすめします。
しかし、ちゃんとした医院なら、当然その話も出るでしょう。

 

 

あなたの「悩み」を解消するためには、以下の必要条件を「満たしている」かどうかがとても大切です。

 

@多汗の種類が「ワキガ型」なのか「精神性発汗型」なのかそれとも「混合型」なのか。
そのためには「試験切開」をしてから手術に移行できることが必要です。

 

 

Aワキガの原因となるアポクリン腺が完全に100%摘出した事実を「確認」出来る手術法。
これは手術者でしか確認の方法がないため、やはり医師との信頼関係によります。

 

 

B将来再発再生をさせないためにアポクリン腺の導管部まで含めて取り除くこと。
アポクリン腺は腺組織であるため非常に再生しやすく、 そのためにはアポクリン腺の腺根を真皮の一部を含めて摘出することが必要です。

 

 

以上は、専門家でない素人の人でも少し想像すれば当たり前のこと、と五味博士は語っておられます。

 

 

傷口に関しては、きれいになる人はきれいだし、傷ののこる人は残る、というのが現状のようです。

 

 

是非、上記の事柄を診断の目安に考えてください。

 

 

 

自分のワキガを正しく知るのは大切です。

 

周りの反応を神経質に受け止めすぎて「対人恐怖」の症状や、ストレスになってしまう人も少なくありません。

 

 

 

そうなる前に、ちゃんとした診断をしかるべき医師に受けることがとても大切なことだと管理人は思うのです。

 

 

 



 

 

 

 

ワキガの治療と方法マップ

Aワキガ手術で選んではいけない病院

 

Bワキガ手術で迷っているあなた

 

Cワキガ手術後の再発と保証について

 

Dワキガ手術後の「色素沈着」とは

 

Eワキガ手術後の痛みと傷

 

F制汗剤でのワキガ療法

 

G手術を考える前に@/ボトックス注射治療法

 

H電気凝固法(永久脱毛)

 

 

 

 

 

ワキガ対策マップ

●ワキガ対策/基本編マップ

 

●ワキガの防臭対策/マップ

 

●ワキガの治療と方法マップ

 

●食によるワキガ改善/マップ

 

 

●ワキガQアンドA

 

 

●トップページ

 

 


「ワキガ手術の前に」記事一覧

名医が教えてくれたワキガ改善法

この「名医が教えてくれたワキガ改善法 」は購入者のプライバシー保護のために、「Docter.NB.C マニュアル」となっており、中身の内容はわからないように気遣いされています。ワキガで悩んでいるあなた。世の中のたくさんの情報に振り回されていませんか?管理人が当サイトを立ち上げた最大の理由は、悩んだ末...

≫続きを読む

 

 
ホーム 1.対策/基礎編 2.防臭対策 3.治療と方法 ワキガ手術の前に メール ブログ