ワキガ手術のメリットとリスク

Pocket
LINEで送る

 

人間は、誰もが悩みの種を持っています。
その悩みの種を、悩みと感じるか感じないかは、
同じ境遇にいても人それぞれですが、
悩みが深い場合は生活や仕事に大きく影響を与えてしまうため、
解消できるように努力をした方が良いでしょう。

 

 

特に日本人が深い悩みになりやすいものに、ワキガがあります。

日本人に深い悩みとなる理由は、海外ではワキガは普通のことであり、
フェロモンのひとつだという考え方があります。
しかし、日本では臭いによって人に嫌われたり、迷惑をかけたり
するものだという考え方が一般的だからです。

 
そのため、悩みとして抱えるのであれば、
改善していくことを考えた方が良いのです。

 

app-miscellaneous-iconワキガを改善するためには、ワキガ手術が一番
完全に治療できる可能性がある唯一のものです。

 

 

そのため、手術を受けた人もたくさんいます。
しかし、そのような人たちの口コミの中では、
ワキガ手術によってワキガが解消されたという人もいれば、
逆に失敗したという人も同じようにいるようです。

 

 

それだけリスクを伴う手術だということが分かりますが、
口コミに寄せられている失敗談では、
だいたい3つのリスクがあるようです。

 

 

number-1-icon-1手術をしても効果がなかったという口コミ。
ワキガの手術は、脇の下の皮膚を一度剥がして、
ワキガの原因となるアポクリン肝腺を除去していくのですが、
アポクリン肝腺はとてもわかりづらく、
とりきれずに残ってしまうことが良くあるのです。

 

wakiga-apogureen_001aa

 
そして酷いときには、半分くらいのアポクリン肝腺を
残してしまうこともあり、それが原因となって効果が
あまりないという結果になってしまうのです。

 

 

number-2-icon-1二つめは、手術によって一度剥がした皮膚を、
元通りに縫合するわけですが、脇の下の皮膚が
突っ張っている感覚がずっと残ってしまうこともあるのです。
このような口コミも良くあります。

 

 

number-3-icon-1最後に、再発してしまったという失敗談です。
ワキガは、思春期の頃に発症することが多くあります。
それは、身体が成長する過程の中で、
ワキガの原因となるアポクリン肝腺が発達してくるからです。

 

 

そのことで、ワキガの体質を元々持っている場合は、
ワキガがはじまってしまうということです。
そして、

app-clean-icon子どものうちにアポクリン肝腺を除去する手術をすると、
その後にまだ発達していなかったアポクリン肝腺が、
後で発達することがあります。

 

 

そのため、

後から発達したアポクリン肝腺が原因となり再発してしまうのです。
このようなリスクの他にも、手術の後の術後ケアも大変になります。

 

 

一度切り開いているわけですから、内出血や痛みが残りますし、
1~2週間は腕を動かすことが禁止されるため、まともな生活ができません。

 
このように口コミからもワキガ手術には
リスクがたくさん伴うことが分かります。

wakiga-syujyutu_02
もちろん成功することもたくさんありますが、
手術を決断する前には、このようなことも充分に考えて決定しましょう。

 

 

 

 

<関連記事>

 

 

 

ちょっと待って!そのワキガ手術①
「ワキガ手術を受けるか悩んでるあなたへ」
komoko_cleaneo001

 

 

ちょっとまった!そのワキガ手術②
消臭デオドラントを試しましたか?
komoko_cleaneo009

 

 

 

ちょっとまった!そのワキガ手術③
「ワキガに効くデオドラントはこれだ!」
newcleaneo_011komoko

 

 

 

 

クリアネオ公式サイトはこちら
star-iconpict05_14わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。