このページの先頭へ

ワキガと血液型の関係は?

ワキガと血液型の関係は?

 

「ワキガの正しいチェック方法」でも
冒頭に遺伝の解説をしました。

 

 

では、血液型によってワキガになりやすい・
にくいとかはあるのでしょうか。

 

 

 

まず、ABO式血液型遺伝子の詳細については
割愛させていただきますが、ワキガの場合

 

 

ご両親、親族にワキガの人がいる。

ご両親どちらかがワキガの場合、遺伝する確率は3〜5割。

両親だと子の約80%に遺伝する。

 

と、いわれています。

 

 

人には体質を決める数万の遺伝子があります。
例えば、髪の毛の質(濃い、薄い、縮毛、直毛など)や味覚
(苦味を感じる感じない等)、嗅覚、身体の特徴(大きい、
小さい、一重、二重)〜などなど。

 

いろいろな体質を決める遺伝子があるということです。

 

 

 

その遺伝子の染色体の系列からいうと、

 

 

ABO式血液型遺伝子は9番染色体

わきがの遺伝子は16番染色体

 

 

 

 

 

ということですので、両者の関係は認められない。
血液型によってのワキガの因果関係は無い、ということになります。

 

 

ひょっとして「ワキガ体質は○○型に多いのでは?」
との疑問もあったかもしれませんね。

 

 

管理人はありました^^;

 

 

ワキガ遺伝子でいうと日本人の約10%が該当します。

欧米人の7〜80%から比べるとそれでも随分少ないんです。

 

 

 

それだけに、特に神経質な日本人の中においては目立ってしまう
のかもしれませんね。

 

 

 

 

「食事の改善によるワキガ予防」の章では食生活の欧米化の問題も取り上げています。

 

また、関連記事
「ワキガには和食がおすすめ」も、どうぞご参照ください。

 

 

 

-PR-


 

 

 

ワキガ対策マップ

●ワキガ対策/基本編マップ

 

●ワキガの防臭対策/マップ

 

●ワキガの治療と方法マップ

 

●食によるワキガ改善/マップ

 

 

●ワキガQアンドA

 

●トップページ

 

 

 

-PR-
⇒2016最新★ワキ臭・足臭消えた!クリアネオ

 

 

 



 
ホーム 1.対策/基礎編 2.防臭対策 3.治療と方法 ワキガ手術の悩み メール ブログ