このページの先頭へ

ワキガ手術後の痛みと傷

ワキガ手術後の痛みと傷

ワキガ手術を決断するのに数多くの
ハードルをもたれると思います。

 

 

また、人それぞれのハードルの重さや質も違います。

 

しかし、そのハードルの一つに
「痛みについて」が必ずあるでしょう。
本章では特に術後の痛みについてレポートしました。

 

 

 

まず、手術中は麻酔が効いていますので当然痛みはありません。

 

 

 

術後の痛みの原因は2つ

 

1)化膿による痛み

 

2)ガーゼ固定がつっぱる痛み
(切開口の傷の痛みではありません)

 

 

 

2)ガーゼ固定がつっぱる痛み
とは、皮膚が動かないように、皮下組織と
ガーゼをかなりの強さで糸で結びます。
この糸の結び目が痛いのですね。

 

ワキガの手術では、ちょうど植皮術と同様の状態に
なるためガッチリと固定することが必要なんです。

 

 

○痛みの程度

 

これは手術の範囲や皮膚の厚み、皮膚の
伸縮度、体型、等によってまちまちです。

 

1日目はかなり痛いこともあるようですが、
通常は徐々に痛みは軽減していき、ガーゼを
除去すると、痛みはなくなります(4日間程度)。

 

 

 

クチコミでのまとめでは大体、

 

「初日は痛かったが、我慢できた」が50%、

 

「痛み止めを飲んだら我慢できた」が30%

 

「痛み止めを飲んでも動いた時など痛みはあった

(4日間なので我慢した)」が10〜15%

 

 

とても痛がる人は2〜30人に一人ぐらいの割合ということです。

 

 

 

痛みに敏感な人は気になりますよね。

管理人も非常に痛がりタイプなので手術はイヤなんです。。。
おそらく、幻痛(現実の痛み以上に心理的な
痛みを感じてしまう)なんでしょうね。

 

 

まあ、手術なので術後の痛みは
宿命であるとも言えます。
ただ、できるだけ痛みが少ないように
タイオーバー(ガーゼ)も日々改良されているようです。

 

 

 

○痛みの解決方法

 

 

それでは、どうしたら痛みの解決はできるのでしょうか。

 

痛みが最大のネックだ、という場合は「手術を受けないこと」です。

 

 

ほかの章でもたくさんレポートしていますが、
「ワキガの悩み=心の悩み」のウェイトの問題です。

 

あなたの「心の悩み」が手術で解決するのなら、
心の悩み解決=手術という決断の意志があるのなら
多少の痛みなど問題外なはずだからです。

 

「心の悩み(ワキガ悩み)解決の喜び」の方が
痛みよりもはるかに勝っていることでしょう。

 

 

でも無理しないでください。
自分が痛みに弱いと思う人は、手術ではなく
「電気凝固法」という治療法を選択すればよいと思います。
※電気凝固法の記事はこちら

 

 

 

 

傷についても同様です。
色素沈着や傷口の程度をとても気になる方などです。
※色素沈着の記事はこちら

 

 

このことがとてもリスクと考えるのなら、
やはり手術を見送るべきでしょう。

 

 

色素沈着が徐々にとれていくのにどうしても、通常6ヶ月から1年くらいはかかります。

 

 

 

 

 

 

結論としては、手術をしてよい人とは、

 

強い「悩み」のほうが「痛みや傷の不安」を上回る、克服できる人。

 

ということになります。

 

 

大事なことは、このような話の大前提として
「良い医師のもとで適切なカウンセリングを受ける」
ことです。

 

 

こちらの記事も是非参考にしてください。

ワキガ手術で選んではいけない病院

 

「ワキガ手術の前に」改めてよく考えてみましょう

 

ワキガ手術で迷っているあなた

 

ワキガ手術後の再発と保証について

 

 

 

-PR

 

2大有効成分配合!今までなかったワキガ対策【NOANDE(ノアンデ)】



 

 

 

 

ワキガ対策マップ

●ワキガ対策/基本編マップ

 

●ワキガの防臭対策/マップ

 

●ワキガの治療と方法

 

●食によるワキガ改善/マップ

 

 

●ワキガQアンドA

 

●トップページ

 

 

 

※参考書籍・資料:五味クリニック/五味博士

 

 



 
ホーム 1.対策/基礎編 2.防臭対策 3.治療と方法 ワキガ手術の悩み メール ブログ