このページの先頭へ

「秋冬のワキガ対策」@準備編

「秋冬のワキガ対策」できてますか?


こんにちは!
こも子です。

 

あなたは
秋冬からのワキガ対策
できていますか?

 

ワキガのニオイ対策って
夏だけだと思っていませんか?

 

 

 

じつは…秋冬の方がニオイやすいのです(゚ー゚*?)

 

 

 

理由のひとつとして、夏は通気性の良い服を着るのに対して、
秋冬は厚手の服やコートを着たりと通気性が悪くなるでしょう?

 


(↑ここまで厚着でないにしてもね(*゚▽゚)ノ)

 

 

これにより、ワキガのニオイを閉じ込めてしまい、
より強いニオイになってしまうからなんです。

 

 

 

さらに、寒い所から暖かい場所へ移動すると、
人は特にニオイに敏感になるそうです。

 


 

 

確かに寒いところはニオイが少ないので、
急に暖かい所へ行くと敏感になるのかも知れません。

 

 

冬でも暖かい所では汗が出ることもあり
さらにニオイは増してしまいます。

 

 

夏は多くの人が汗をかくので、

自分のニオイも周りに
埋もれてしまいます。

 

そのため、ニオイに
鈍感になっているのです。

 

 

また秋冬は湿度が下がり乾燥します。
実は乾燥もニオイに関係しているんですね。

 

皮膚が乾燥し始めると、それを和らげるために

アポクリン腺が急激に活性化し始めます。

 

 

そしてイヤなニオイが強く発生します。

 

 

 

これは秋冬だけでなく、春先まで乾燥状態は
続きますので、まずは乾燥対策をする必要があります。
それがニオイ対策につながりますからね。

 

 

まず乾燥対策!

 

 

 

そして次に日常でできること。
「食生活を見直す」
ことでも、ワキガ対策ができます。

 

 

寒い時期になると基礎代謝が高くなり、
汗をかきやすくなりますよね?
ですので、熱量が少ない食事を心がけると良いでしょう。

 

 

 

肉類・乳製品はとくに動物性脂肪や動物性タンパク質を含んでます。
摂取することで、アポクリン腺の働きが活発化する性質があるので要注意!

 

 

欧米人が日本人より体臭がキツイのは、
動物性脂肪の摂取量の違いです。。

 

それはアポクリン腺から分泌される
脂肪を含んだ汗、皮脂腺から分泌される
脂肪酸などがニオイの原因と考えられるから。

 

つまり、肉類をたくさん食べれば食べるほど、
体臭がキツイ体質になっていくということ(。>0<。)

 

 

 

 

少し脱線しますが、欧米人は
ワキガに悩むことは少ないようです。

 

 

それは単純な理由。
欧米人のほとんどが体臭があるので、
全然気にならないのです^^;

 

 

それに比べて、日本人でワキガの人はまだまだ
少数派ですので、とても目立ってしまうんですね。

 

 

 

 

さて、皮膚には、皮脂線汗線アポクリン腺という
それぞれ異なった分泌物を出す3つの腺があります。

 

それがワキガのもととなる腺で、わきの下や
乳首の周辺、恥毛部分などに分布しています。

 

 

 

動物は、このアポクリン腺からの分泌物で
異性をひきつけたり、仲間を区別したりします。

 

 

人間も、もともとはそうした目的があったのかも知れませんが、
区別や差別という表現ではちょっと悲しいですね。。

 

 

 

 

それから、タンパク質を必要以上に摂取する
ことでもワキガや多汗の原因になります。
タンパク質は糖質の5倍の熱量なので、
汗をかきやすくしてしまうからです。

 

 

動物性タンパク質を多く含む食材

 

 

鶏肉、豚肉、牛肉などの食肉類、
鯵やあさりなどの魚介類、チーズなどの乳製品。

 

 

植物性タンパク質を多く含む食材

 

 

大豆などの豆類、ジャガイモなどのイモ類、小麦粉、白米。

 

 

 

なので

 

糖類、肉類、卵など(酸性食品)

 

の摂取量を抑えれば、汗とニオイの
両面からの予防をすることができます!

 

日々の食生活からも体質改善をしていきしょう!
ニオイの改善のために。

 

 

 

 

ただ、人の健康には肉類も必要です。
そんなに我慢もできないでしょう?^^

 

それならば、肉といっしょに大量の野菜(アルカリ
性食品)を取り、中和させるコトを心がけましょう。

 

 

 

 

 

【ニオイ対策8か条】

 

@偏食
A大食い・早食い
B不規則な食生活
C酒類・煙草
D高タンパク質・高脂肪の酸性食品の過度な摂取
 ※肉類・卵など
E塩分・糖分量を多く取る
F添加物を含んだ食品(インスタント食品)
G香辛料などニオイが強い食べ物

 

 

上記に気をつけることは中々難しいかもしれません。
無理せず徐々に改善していくことから始めましょう!

 

 

 

「秋冬のワキガ対策」@準備編まとめ

 

 

 

秋冬の乾燥対策といっても
食生活などは普段と変えることなく
ニオイ対策は上記のようにすること。

 

 

季節的要因でのニオイ対策としては、
「乾燥肌」の注意。そして、厚ものの衣類に
染み込んだワキ臭・ニオイの対策。

 

 

コートやセーターなどはしょっちゅう
クリーニングに出せませんよね?

 

 

でも、そこが落とし穴

 

 

 

蓄積したニオイがところかまわず
暴れだします。

 

 

いくらシャワーを浴びて専用の消臭デオドラントで
対策していても、ニオイの蓄積した衣類で全て
パーに。。

 

 

 

そこで「衣類の消臭」対策が不可欠となります。

 

 

こちらの記事をご参考ください。

 

衣服の消臭はワキガ予防に効果的

 

 

 

 

次回は

 

 

★「秋冬のワキガ対策」A実践編

 

 

さらに踏み込んだ秋冬の
ニオイ対策をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ホーム 1.対策/基礎編 2.防臭対策 3.治療と方法 ワキガ手術の悩み メール ブログ